スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)>
3つのランキングに参加しています。
よろしければ3つとも1つずつ応援クリックをお願いします。


筋力低下を防止する方法

N先生の通院初期の頃、筋力低下を防止する方法についてお伺いしたことがあります。

その際、“ラブレター”を頂きました(笑)

で。
今回の受診時、そのラブレターをブログで公開してもいいか、尋ねてみたんです。


(私)先生、この前お聞きした際に答えて下さった内容、ブログで書いてもいい?
(N)なんて書いたっけ??
(私)コレです。【←と、ラブレターを差し出す。】
(N)………【←再度、熟読。】
(私)ダメですかね??
(N)…いいこと書いてるわぁ~~笑【←先生、自画自賛っ!笑】
(私)そうなんですよ~。だから、紹介してもいいんじゃないかなと思って。。。
(N)構わない②。この『若い』って部分もしっかり、ね。

…と“若さ”の部分で爆笑されて、掲載許可を頂いたのですが(苦笑)

なので。
当時の私の質問文と、先生からの回答文を、以下にご紹介します。

ラブレター内容に関しては。
内容的には、筋ジス全般に関することではありますが…。

それぞれの状況下にもよるでしょうから、先ずは、各々の主治医にご確認下さい。

web拍手

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)>
3つのランキングに参加しています。
よろしければ3つとも1つずつ応援クリックをお願いします。





2009年7月13日

【質問】

筋力低下を防止する方法についてお伺いしたく、突然申し訳ありません。
このような質問は、数多くの患者さま等から受けておられている内容と想像しつつ
同様の質問をしてしまう失礼をお許し下さい。

3歳発病の割に、今だ自力歩行が可能な私ですので、かなりの良性疾患であり
そのため、贅沢な悩みの部類に入るのですが…。

出来ることならば現状の体力維持を、生涯とは言いませんが、出来る限り
自力歩行の時期を長く保ちたいと思っております。
その為に、今まで身体に気を使った生活をしてきませんでしたが
今しておくべきことが分かっているのであればしていこうと思っております。

症状進行がかなりの緩徐なので、そこまで深刻に考えることではないのかな
と思ったりもしているのですが。
筋力現状維持のための準備みたいなものは実際問題、あるのでしょうか?

受診時、先生がおしゃって下さった通り、自力歩行と車椅子の両刀使いも有だと
考える時があります。
ただ、一度車椅子に頼ると、一気に筋力が低下し自力歩行が難しくなることが
予想でき、なかなか決断が出来ず、同様の意味で障害者手帳の取得もしないまま
ズルズルと先延ばししてしまってます。

今の筋力が維持出来れば、現状の生活に苦労することはなく
このまま一人暮らしも維持出来ます。

筋力低下を防止する方法がありましたら、助言頂けますでしょうか。
よろしくお願い致します。


【回答】

筋力低下を防止する方法。
みなさんから聞かれます。なかなか難しい質問です。

筋肉は使わないと、廃用性萎縮といって衰えます。
使いすぎると、筋肉は壊れて病気が悪くなるという人もいます。

ということで、わたしは疲れない程度に筋肉を動かすのが一番よいとお話しています。
筋トレは推奨できません。
いちばんいいのは、ゆっくりと時間をかけて筋肉を動かすことだと思います。
ゆっくりと散策するなんてのが一番でしょうね。
(若いso-jiさんにはあまりふさわしい光景ではないかもしれませんが)

それと、筋ジストロフィーの場合は筋細胞の間に結合組織が増えます。
筋細胞に行く血液が減り、関節が硬くなります。
それを防ぐのは、お風呂上りのマッサージと関節を動かすことです。
マッサージは人手がいりますので、一人暮らしのso-jiさんには、無理ですね。
では手足を動かし、背骨を伸ばす運動を心がけることが大切と思います。

あまり、役立つことを申し上げられずすみません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


役立たないことなんてありませんっ。

このように答えて下さるだけでも、十分、救われます。

散歩は…否、若くないので、年齢的にふさわしい光景ですけど(笑)
出勤する行為が“散歩”と勝手に解釈して、それで実践ということで(苦笑)

マッサージに関しては、関節伸ばしで回避。
が、日常生活行為ではないので、しょっちゅう忘れます。。。

このブログを契機に、日常生活化させますっ宣言!
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

so-jiさん、はじめまして。
ディシェンヌ型9歳の男の子の母です。
いつもブログを拝見させていただいて、勉強させて頂いております。

自分の気持ちを真っ直ぐにしっかりと持っていて、文面からもso-jiさんの人柄の良さがとても伝わってきます。
何事も前向きなso-jiさん、たくさんの勇気をもらっています。

息子は現在歩行は可能ですがもう自分の力では立てなくなってきました。
先日手帳も発行し、去年からリハビリも始まり、車椅子も検討中です。
いよいよ動き始めた感じです。

1人暮らしでがんばっているとのこと。
お母さんもとても心配されていると思いますよ。
苦しい時は叫んでいいと思います。

春はもうすぐ☆

これからもブログ楽しみにしています^^
また訪問させてくださいね

Re: はじめまして

*mie*さん、コメントありがとうございます。

本当に、ありがとうございます。
正直、涙が出てしまいました。

ブログの立ち上げには、何年も悩んでおりました。
私自身の今までの道のりが、波乱万丈でもなければ、病態自体も軽い。
誰かを救いたいとか、誰かのお役に立てれば…
といえる程の人生も歩んでない。
そのため、他人に見せる“ネタ”が何もない状態。

だけれども。
このままでは“いつか来る日”に耐えることが出来ない
という危機感が生まれたせいで、考えなしで…
自分自身のために、立ち上げてしまったようなものです。

そんなブログであるにも関わらず、このような過分なコメントを頂けて…
恐縮な思い一杯です。

過去を振り返っていて、“母”は偉大だと、改めて実感しています。
これを読んでいる地元の同級生も同じことをいっています。

今の私の原点は、全て母です。
母のおかげで、今の私がいます。
母が気丈で、凹む姿を一度も見たことがなかったので、
私も“普通”の感覚でいられたと思っています。

子供の頃、どんな時でも“強くて優しい”母を、いつも見ていました。
どんな状況に陥っても、母の存在があるから“前に進もう”と無条件に安心して進みました。
…勝手に進む割には、“出発”直前には、いつも尻込みし、グダグダ言い出し…結果、尻叩かれる、ってオチですが(苦笑)

ディシェンヌ型筋ジスの歴史は、必ず、変わりますっ。
もし、もし…。
間に合わなかったとしても、今の、高齢化社会の産業は期待していいと思っています。

“希望”は持ち続けてます、きっと、大丈夫ですっ!
だって、
『春は必ず来ます』から。

って、なにを長々と語ってるのか…すみません(泣)

でも②
お母さんもあんまり煮詰まらないで下さい。
“語り=吐き出し”は必要みたいですっ!
(某有名大学の教授いわく…ですが汗)

何のお役にもなりませんが…
またお時間あるとき、吐き出しで利用してもらって構いませんので
いつでも遊びにいらして下さい。
(しょーもない記録ばかりですが。。。)

最近の記事+コメント
Lc.ツリーカテゴリー
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
いつもありがとうございます
<(_ _)>


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
600位
アクセスランキングを見る>>
FC2拍手記事別ランキング
プロフィール
バロメーター
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。