スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)>
3つのランキングに参加しています。
よろしければ3つとも1つずつ応援クリックをお願いします。


八相の庭

京都五山・第四位』記録の続き。

『庫裡』(方丈拝観口)
『庫裡』(=『方丈』拝観口)※“手書き”の御朱印を頂くところ(午前中のみ)※

1881(明治14)年の火災で焼けたため1906(同39)年起工、1909(同42)年竣工。
『方丈唐門』とともに昭憲皇太后の恩賜建築。
切妻を正面とする禅宗式寺院の典型。

『方丈』
『方丈唐門』

1890(明治23)年再建。
正面前庭(=南庭)にある『唐門』は1909(明治42)年に造営され、昭憲皇太后より下賜されたもの。(向唐破風の方丈表門)
『恩賜門』ともいわれ、小型ながら明治期唐門の代表作。

◆東福寺 方丈◆
『方丈』とは禅宗寺院における僧侶の住居であり、後には相見(応接)の間の役割が強くなる。

◆方丈庭園◆
禅宗の方丈には、古くから多くの名園が残されているが、四周に庭園を巡らせたものは東福寺の方丈のみ。
庭園は、近代の造園家・重森三玲によって1938(昭和13)年に作庭。
鎌倉期庭園の質実剛健な風格を基本とし、これに近代芸術の抽象的構成をとり入れた枯山水庭園。

~八相の庭~
四庭に配された『蓬莢』『方丈』『瀛洲』『壺梁』『八海』『五山』『井田市松』『北斗七星』の八つを、『八相成道(釈迦の生涯の八つの重要な出来事)』に因んで命名されたもの。@パンフレット

南庭(『唐門』と『蓬莢』『方丈』『瀛洲』『壺梁』『八海』)
【南庭・東方】
『唐門』&荒海の砂紋(=『八海』)の中に『蓬莢』『方丈』『瀛洲』『壺梁』の四仙島を表現した配石。

南庭・西方(『五山』に見立てた築山)
【南庭・西方】
『五山』に見立てた築山。

【南庭】は、東西に細長い地割。
あわせて、大和絵風にあらわし、神仙境を表現。

西庭(『井田市松』の庭)
【西庭】
『井田市松』の庭。
(↑井の字に等分した古代中国の田制“井田”に因んでいる。)

さつきの刈込みと砂地が大きく市松模様に入り、くず石を方形に組んで井田を意図して表現されている。

『方丈通天台』から見た『通天橋』
【北庭】へ続く途中に『方丈通天台』と呼ばれる舞台が設けられている。
眼下に渓谷『洗玉澗』が一望できる。

写真に写っているのは、紅葉前の『通天橋』。

ちなみに。

西庭から見た『通天橋』(その奥に、京都タワー)
【西庭】から見た『通天橋』。
さらに、その奥に『京都タワー』も見える。
(写真では分かり難いですが、薄らと写ってる笑)

北庭(裏庭『小市松』)
【北庭(=裏庭)】
南の『唐門』内にあった敷石を利用し、石と苔を幾何学的な市松模様に配された『小市松』の庭。

【南庭】とは逆に、紅葉時には色彩感あふれる空間となる。

東庭(『北斗七星』の、北斗の庭)
【東庭】
『北斗七星』の、北斗の庭。

『東司』(=禅宗式の便所。重文。)の柱石の余材を利用して北斗七星を構成し、雲文様の地割に配されている。
『北斗七星』の後方には、“天の川”を表した生垣が配され、夜空が足元に広がるかのような小宇宙空間が造りだされている。

『庫裡』から見た本堂北回廊(奥に『経蔵』と通天橋拝観口)
『庫裡』から見た、本堂北回廊。

その奥に見えるのが…

『経蔵』(左側瓦屋根):今なお、宋代の書跡や貴重な書物が多数所蔵されている。
と、
『通天橋拝観口』(右側瓦屋根)。



京都屈指の紅葉の名所として名高い、東福寺。



さらに、『方丈』と『開山堂』を結んで架かる、『通天橋』。

この『通天橋』から眺める、渓谷『洗玉澗』の紅葉と新緑は絶景。



次回【紅葉前の、通天橋】に続く♪




さて、ここらで少しばかりの、バリア情報。




◆『庫裡』(=方丈拝観口)◆

正面の階段を上がった所が、拝観受付。
この階段。
神社や寺院…こういった場に良く有りがちな、非常に高い階段(例えるなら、バスのステップ並)が4段。
(その階段のド真ん中に、手すり有)
この階段を突破出来ない限り、庭の拝観は不可能。
介助者数名の手助けで上がることが出来れば、庭の拝観は可能。




◆八相の庭◆

良く有りがちなネタですが(汗)


拝観受付⇒【南庭】までの回廊には、スロープが設けられている。


なので。

正面階段さえ突破できれば…

●拝観受付⇒【東庭】回廊●

●【東庭】回廊⇒【南庭】回廊●

…に限っては、段差なし。
(【南庭】を更に前方に出て見るならば、下の段に行くための少々小さな段差有←ココまで下りなくても拝観できる。)


が。


【南庭】⇒【西庭】に向かう回廊に、1段の、正面階段程ではありませんが、少々高めの段差有。

『方丈通天台』の舞台に行くにも、数段の階段有。
(『方丈通天台』からの写真は友人撮影=私は、舞台には降りれない。)

【西庭】⇒【北庭】回廊に段差はなかったと思うのですが…
【北庭】⇒【東庭】回廊には、段差1段…あったような記憶があります。
(すみません、ハッキリとは覚えてません汗)




ものすっごい、文字だけの(汗)不親切な説明になってしまい申し訳ありません。

…こういう場面こそ、写真撮っておけよっ!って状況ですよね(反省)




ちなみに。

以下に≪参考にもならない、私の場合≫を残しておきます(←所謂、自分記録デス笑)

web拍手

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)>
3つのランキングに参加しています。
よろしければ3つとも1つずつ応援クリックをお願いします。







≪参考にもならない、私の場合≫


◆『庫裡』(=方丈拝観口)◆

正面の階段。
普通に、無理です(爆笑)
が。
ジーっと、手すり&段差&壁板の各設計環境をじっくり確認。
『無意図』の中で、
“行ける”と直感したので。(←どんなんや笑)

靴下脱いで、杖を友人に預ける。
(ちなみに、靴は、階段下でぬいで入るところです。)

階段昇りの、更に、究極版。
云うならば…
肘下&膝下の筋肉(が、まだまだ残っている私)、フル活用術っ!


って云っても、いろんなパターンがあるのですが。


今回の昇り方は…

先ず。
左足を上の段に乗せ、右肘下から手すりの上にのせ、右手首で手すりを掴む。
(右手首で掴んでる手すりを、左手首でも掴んでる。)
上半身全体を手すりに乗せた状態で、身体を持ちあげる。
が。
段差が高いため、右足を上の段に乗せることができない。
よって、
後ろに控えてる友人が、その右足を、上の段に乗せてくれる。
段に右足が乗ったところで、右足に力を入れて、直立姿勢にもっていく。
(よって、一番最初に軸にしてる左足が滑ったらアウト。)

その繰り返し。

問題になるのが、最終段になる4段目。

階段のド真ん中に取り付けられている手すりは、左右両方から使えるので便利ではあるのですが。。。


大概、階段終わりで手すりが終わっている。


私の場合。
階段より、さらに奥にまで手すりが続いてくれていないと、手すりが利用不可能になる。

コチラも。
階段終わると同時に、手すりの設置も終了。
よって。
4段目(最終段)に昇る前。
3段目で、お隣の入口に、段上で移動。


コチラの階段、横に長い階段なんです。


そのため。
入口が2つ設けられており、その各入口のド真ん中に手すりがあるのです。
(更に、右側の入口の階段よりも、左側の入口の方が段差は低くなっていた。)

ただし。

2つの入口の階段境目は、あります。
それを、跨げるので、私にとっては問題なしの、平行移動となったのです。


ってなわけで。


右側の入口階段から昇っていった私。

最終段で…

左側の入口に移動すれば、手すりは【左側】に位置することになるので利用不可能になるけれども。
手すりが使えない代わりに、
私が利用できる【右側】の壁板を使って、階段が昇れることになる。
(最初に昇っていた右側の入口階段も、手すりを越えることが出来れば【右側】の壁板が使えるのですが…手すりを跨げませんし、潜り抜けも出来ませんので笑)

その壁板に右肩&頭を押し付けながら、いろんなところを左右手首で掴み(ここら辺は無意識だから記憶にすら残ってない)、なんとか左足の踏ん張りで身体を押し&持ちあげて、最後、右足を友人に最終段に乗せてもらい、無事に、なんとか、突破。


…こんな無茶は、日常生活では絶対にしませんけど(笑)


オチを云えば。
今では
昇るより、降りる方が、危険なのですが(苦笑)



って云うか。



だから、写真で説明しろよっ!って感じですよね(汗)

バリア情報を届けるっていう意識が働いてなかったもので…。
普通に、観光メイン所の写真を撮るだけで終えてしまってました(大汗)



とにもかくにもっ!



『大変キツい階段がありますよ~』



って云う、お知らせです。
(分かり難くて、ホント、すみません②)
関連記事

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事+コメント
Lc.ツリーカテゴリー
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング
いつもありがとうございます
<(_ _)>


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
371位
アクセスランキングを見る>>
FC2拍手記事別ランキング
プロフィール
バロメーター
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。