スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)>
3つのランキングに参加しています。
よろしければ3つとも1つずつ応援クリックをお願いします。


隠れ家的に落ち着いた、和の空間。

先にディナーをUP(@11.2.18日記)しておりましたが、その続き。←遡りで(苦笑)


ランチにっ♪

京都・浄土寺のお茶室で、フランス料理を堪能してきました。


行ってきましたっ!
浄土寺 聖宙庵 Restaurant Francais
『浄土寺 聖宙庵 Restaurant Francais』さん

哲学の道の程近く。
ですが…
メイン通りからは少し奥まった場所で、おもいっきり住宅地の一角という、少々分かり難いところにある、こちらのお店。
(駐車場もあります←事前問い合わせ)



まさに、『京都』を体感できる“隠れ家的穴場”っv



さて②



お店に入るまでの、私記録をここで。
(すみません、、、“まことちゃん”=自分記録ブログでして“汗)

先ず、はじめに。

写真にあるように、4段の階段から難題スタート。



手すり無。
が、
向かって左側に、手すり代わりになる壁有。

しかし。

私は、左側は、意味無(@10.6.2日記←この方法の、究極版が10.11.14日記)



手すりも、右上半身を全て預けることができる右側壁も、ない。



こういったパターンの場合。



右手で握ってる杖、の先(=ゴム先)を、階段の右端っこ、の角に合わせる。
(=私の重心を杖に預けるので、ゴム先が動かないように角っこで固定)

左手を、引っ張り上げてもらう。
(=私より一段上から、離れすぎず近づきすぎずの絶妙な距離感を保ってもらって、引っ張り上げてもらう。)



この方法で、階段昇れる。

…場合もある。

が、

その方法で階段昇りするには、段差が、高すぎた。
(=階段が昇れない。)



最終手段としては。



もう1人誰かいれば、なんとかなる。
(この時は、友人と私だけと云う、2人体制。)

なので。

お店のスタッフに、介助ヘルプを頼む。



が、しか~しっ!

スタッフさんに介助ヘルプ依頼する前に、階段昇ることが出来たのです♪




『何故??!』




答えは、写真の中にありまぁ~すv

って。

分かる人には、分かりますよね(笑)



ハイっ、ご名答ぉ~~です♪



写真にしっかり写ってる、本日のメニューが貼ってある“看板”くんv
…を、
勝手にお借りして(笑)無事に、昇りきれましたぁ~♪



◆看板利用ver.◆
看板に、右手を置いて、全体重を右手にかける。
(こんな時は、杖は邪魔なだけ=友人に預ける。)

移動できる看板=固定看板ではない。
(看板は、重心をかければかける程、重心がかかった方に傾く。)

友人が、看板が傾かないように、看板を支える。
と、同時に。
私の左手を掴んで、一段上から、私を引っ張り上げる。

私が階段一段クリアできるごとに、看板くんも、一段ごとに上にあげて、移動(笑)

最終段まで昇れたら。
友人が、この看板くんを元の位置に戻してくれる。



…。



やってる行為を、そのまま文字にすると、こんな感じだが(笑)

改めて文字にすると。。。

友人、1人で2役のお仕事(引っ張り上げ作業&看板支え)をこなしてるっ!
…。
友人、凄いな~やっぱり(感謝感涙)



次なる、難階段っ!
…階段昇りに必死なので(苦笑)写真撮れてませんが。



玄関戸を開けて、そこにあるのは、古い日本の和風家屋でよく見かける、バスのステップ並の階段が2段。
(=上がり框+式台って、云うのカナ“汗)

向かって右側に、下駄箱(?)が、私にとってのいい感じの高さ位置に、設置してある。

友人の、巧い介助。

私の体調(笑)



3者(って云うのか?“笑)がうまくかみ合ったので、どうにかこうにかで、難階段クリアっ♪

こんなパターンの場合。
…どうやってよじ登ってるのやら。。。
(無意識下…感覚的に処理してるので、よく分からない。…同じことを“もう1回っ!”となっても、同じ方法ではおそらく出来ない“笑)




『もし、右側に何もなければ?』




段差が高すぎなので、介助のみでの階段昇りは、介助側も私てきにも、両者共に厳しい。

段差すっ飛ばして、土間から直接、取次ぎ(=玄関ホール)に、腰掛ける。

這って、店内を移動(爆笑)

この場合は、最初から最後まで這ったままで、立ち上がらない。
(=床からの、自力立ち上がり不可能@私のカルテ④




『(床からの立ち上がりなしで)どうやって、帰るの?』




高段差は、床からの立ち上がり行為に、私にとっては、最大限に利用できる。

這ったまま、玄関まで移動。

段差すっ飛ばして…
取次ぎ(=玄関ホール)から、土間に、直接足を下ろす。

高段差利用して、立ち上がる。
(=この方法は、今までとは異なり、高段差でのみ適用。低段差では使えない。)

上半身を自力で起こす筋力はもう残ってないので、そこは、介助が必要。



って。



今回は、這って移動ではないのでv
帰りは玄関から帰らず、縁側(…正式には“縁側”って云わないのカモ“汗)から帰りましたけど(笑)

田舎にある、古い家(=日本の和風家屋)にお邪魔するときに利用する技が、こちらのお店でも通用したのでした。



ってか、自分記録だけで、長文になってしまった(汗)



元に戻してっ☆
ダイニングに見立てた座敷(椅子席のテーブル)
お庭の見える、ダイニングに見立てたお座敷(椅子席のテーブル)。
…。
写真は、お庭とは逆の方向で撮ってます(汗)


私たちが一番乗りのお客だったので、お庭のすぐ隣のテーブル席に坐りました♪
(=『帰りは、玄関まで這うことなく、ここから直接出ていけるなぁ~』との考えもあった“笑)


こちらのお店。
現在も、茶道のお稽古を行っておられる。
お茶室
お茶室

『炉も切ってあり、水屋もありますので気軽にお茶事等にもご利用いただけます。』
BY.公式HP

お座敷①

お座敷②
お客さん誰もいないことを良いことに、ここぞとばかりに、店内を、写真撮りまくる私♪

すると…
限定席のカウンター
奥から『いらっしゃいませ』と、声をかけられるっ!(笑←全く、気付かなかった)

奥にあるのは、限定席のカウンター。
シェフさんとお話しながら、料理を堪能できる空間っぽいです。


3800円の、コースメニューを注文。


先ずは、“お茶事”の雰囲気を味わえる…
お出迎えの抹茶
『お出迎えの抹茶』から。

そして、コース料理の最初に…
茶懐石の盆
『茶懐石の盆』

茶懐石の要素を取り入れての、おもてなし
お茶室でのフレンチコースと云うことで“茶懐石の要素を取り入れてのおもてなし”。

ほんの少しの、ご飯と白味噌の汁物。
(=茶懐石の一汁三菜に倣ったもの)

オードブル
オードブル

パン
パンの枚数は、自由です♪

…写真切れてますが(笑)
このテーブル席、お庭がすぐ隣なんですv

サラダ
サラダ

スープ
スープ

魚料理
魚料理

肉料理
肉料理

『レアー♪』
と、喜こび過ぎて(焦)

写真撮る前に、お肉ひと切れ…食べてしまった、後の、写真デス(大汗)

デザート
デザート(…白味噌・赤味噌の2種類のアイスクリームがあります。)

(左)天然桃のフレーバー紅茶(右)カモミールミントのハーブティー
食後の飲み物

【左】天然桃のフレーバー紅茶【右】カモミールミントのハーブティー

…ちなみに。
食後のお飲み物
他には、こんな飲み物が♪



浄土寺のお茶室で。

京都的な茶道の雰囲気を味わいつつの…

隠れ家的に落ち着いた、和の空間でのフランス料理。




“京都”をおもいっきり体感でき、空間・お料理etc.全てにおいて、“おいしい”時間を過ごせました(感涙)




さて②




大満足の私。
ゆっくり寛いでいたので、一番乗りのお客だったにも関わらず、一番最後のお客となっていた私たち(笑)

…他にお客さんがおられないので。
窓を開けて、冷気が部屋内に入ってきても迷惑をかけることがないカナ?と思い…


私『このお庭から、出ていってもいいですか?』
店『ハイ。では、お靴をお持ちしますね』


と、快く了承して下さいましたv
(なにせ、玄関で、ど派手な階段昇りを披露しておりましたので“笑)



写真にあるように、椅子席といっても、私には低すぎる椅子。
(=自力立ち上がり不可能)

この場合、椅子からの立ち上がりは、友人の全介助パターン。







お庭が、すぐ隣。

椅子から床に滑り落ちることができる、私にとって、いい具合の椅子の高さ。



よって。



そのまま、床に、故意的に、椅子から滑り落ちる私。

…。

故意的に、地べたに座るのは『何年ぶりだ?!』ってな程、懐かしい床感覚だったりする(笑)


ちなみに。


故意的でない場合=無意識下で(笑)転けてる時(爆笑)




ただし、正座が出来なくなってから、数年経過している私(@私のカルテ⑤




膝を、うまく曲げていかないと、大変な目にあう。

下手な曲げ方をすると、かなりの激痛を味わう。。。
…“腱が切れる”体験をしたことはないけど、そんな雰囲気を多少味わえる(汗)





病気の知識は薄いですが、病歴だけは長い私(笑)

お陰さまでv

旨い転け方、取得済なんですっ♪
(って、なんの宣言だ“笑←あくまでも、現時点での状態で、ですけどね。)





床からお庭に直接足をおろして、友人介助のもと、床の高さを利用して、立ち上がる私。

その、立ち上がりに利用させてもらった…
坪庭
坪庭~♪

『お庭を、写せよっ!』

…すみません②(焦)
なんか、飾り物に、ものすっごい惹かれてたんですぅ~~。

web拍手

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)>
3つのランキングに参加しています。
よろしければ3つとも1つずつ応援クリックをお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

最近の記事+コメント
Lc.ツリーカテゴリー
検索フォーム
カレンダー(月別)
01 ≪│2011/02│≫ 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ブログランキング
いつもありがとうございます
<(_ _)>


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
432位
アクセスランキングを見る>>
FC2拍手記事別ランキング
プロフィール
バロメーター
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。